無農薬の稲作「病害について」


「難しいササニシキ」の項でも記しましたが、宮城県で最も問題となる病害に「イモチ病」があります。


イモチ病は湿気が多く、冷たい気団「やませ」によりもたらされます。


 これへの対策として、私達はまずは生命力の強い苗を育てるため、苗代育苗を行うわけですが、田植え時にはできるだけ苗と苗の間隔を広げて田植えするように努めています。

 こうすることで成長した稲の間隔が広くなり、風通しを良くすることで湿気がこもらない「稲環境」に配慮するわけです。
平成15年、冷害によりイモチが拡大し
た水田

 また、有機栽培は、そもそもイモチ病に強いと言われています。それは化学肥料栽培が、年ごとの気候の変化に関係なく稲に養分を供給するのに対し、有機肥料は天候の変化に応じて肥料が分解するためです。
 そのため稲はその年ごとに気候に合わせて成長することができます。


 気候が冷涼なのに、それと関係なく稲が生長し、葉を広げていくならば稲はよりイモチに罹りやすい環境となります。

 そして冷涼であるのにかかわらず、稲が出穂するならば、さらにイモチの被害を受けるリスクは高まっていくでしょう。化学肥料栽培は、こういった部分でイモチ病へのリスクを高くしていきます。


 一方で天候の変化に合わせて成長する有機栽培の稲は、気候が回復するまで稲の生長を抑え、出穂の時期も遅らせていきます。




そして、例え東北地方の大平洋側では「やませ」が覆いやすいとは言っても、8月も半ばを過ぎれば、かなりの確率で天候が回復してきます。

平成18年6月19日撮影、左側が慣行
栽培、右側が自然栽培、1ヶ月ほど自
然栽培の田植えが遅い

 もし稲がその年々の「息吹」に合わせて成長することができるならば、イモチのリスクを少なくすることができるでしょう。


 私達はさらに、稲の出穂時期が冷涼な天候を避けられるよう、田植え時期も通常より一ヶ月近く遅らせるよう工夫しています。


 さて、ここまで書いて、実はイモチ病の原因は単に「やませ」といった冷涼な気候にだけ原因があるのではなく、もう一つ大きな原因があることに気が付いた方もいるかと思います。 


そのもう一つ大きな原因とは、


多収穫を目指す稲作


にあります。


  同じ面積からできるだけ多くの収穫が得られ、そして収入を増やしたい。これは多くの農家が考える本音です。

平成18年秋、豊かに稔った自然栽培
のササニシキ

 そのため、可能な限り、田植えする苗と苗の間隔を狭め密殖とし、そしてできるだけ多くの肥料を与えるのです。


 こうすることにでより多くの収穫量が得られるわけですが、しかしこれでは「イモチ病」のリスクも高めてしまう結果にもなります。


 化学肥料の普及、そして多収穫型の稲作、これがササニシキが廃れていたった大きな要因なのかもしれません。この背景には米価の低迷があると考えています。


前のページトップページ次のページ

トピック

人と自然の仲立ち米(宮城県石巻市)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ササニシキ」(農薬と肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷開始しました。

H24.11.24

人と自然の仲立ち米(宮城県石巻市)

【放射能調査情報】

 遠藤水田の平成23年作の玄米、精米について放射能を調査しました。

H24.11.24

田でん虫むし田んぼのお米(宮城県石巻市)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ササニシキ」(農薬使わず10年以上、ササニシキ)新米出荷しております。

H24.11.24

いにしえのお米「イセヒカリ、天日干し」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「イセヒカリ」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年の水田で栽培、、天日干し)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

自然のリズムで育つ「ジャズ田力」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ジャズ田力米」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

天日干しの「おてんと米」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「おてんと米」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

おてんと米とジャズ田力(宮城県色麻町)

【新品種情報】

 少しだけ収穫できた、まぼろしのお米「イセヒカリ」、ちょっとだけ、おすそわけします。
>>もっと読む

H24.1.21

安全安心のために考える放射性物質Q&A

【放射能調査情報】

 一般の方々にも、わかりやすい放射能対策Q&Aを作成しました。
>>もっと読む

H24.1.15

田でん虫むし田んぼのお米(宮城県石巻市)

【放射能調査情報】

 放射性物質調査の結果、木村水田のある石巻市からの米出荷が可能となりました。
>>もっと読む

H23.9.25

おてんと米とジャズ田力(宮城県色麻町)

【放射能調査情報】

 放射性物質調査の結果、おてんと米、ジャズ田力の浦山水田のある色麻町からの米出荷が可能となりました。
>>もっと読む

H23.9.25

平成23年産新米を紹介するにあたり

【放射能調査情報】

 福島第一原発事故により、私たちササライスネットワークが所在する宮城県の水田土壌から放射性セシウムが検出されております。
>>もっと読む

H23.9.25

たくさんの支援物資のご協力、ありがとうございました。

【被災情報】

 私たちササライスネットワーク有志一同では支援物資の提供を呼びかけ、東日本大震災による被災地に支援物資を送り届けました。
>>もっと読む

(H23.7.2)