無肥料の稲作「なぜ無肥料?」


田力ササネットの主な稲作農家は、


農薬、化学肥料を使わないササニシキ


に取り組むのはもちろんのこと、有機肥料を含め


「肥料を使わない稲作」にも取り組んでいます。


この、いわば「無肥料」稲作を行うのは下記の理由からです。

無農薬稲作は水田に投入する有機肥料そのものも無農薬栽培されたものを用いるのが理想だが、その履歴確認と必要量確保が困難で、いっそのこと肥料を使うのを止てしまえば良いと考えたため。


水田に有機肥料を撒くのは労力的負担が大きく、生産者にとっての「持続的農業」を継続するには困難が伴うため。


有機肥料の投入設計は難しく、結果として過剰に肥料を投入しがちで、水稲にも(害虫、病害、倒伏)、また地域の水環境にも負荷を与えかねないと考えたため。


 と言うわけで有機肥料さえ用いない無肥料稲作には、様々な効果が期待されるわけですが、


課題はどの程度の収穫量が得られるか


にあります。


 収穫量が少なくなり、稲作経営としての持続性が無くなればもともこもありません。このため、以下では、この無肥料(無施肥)稲作の可能性について追求しようと思います。


化学肥料


 化学肥料は化学的に合成された無機物を土壌中で分解させることで作物に養分を補給します。比較的単純な化学式の化合物が分解して植物に養分を補給するため、化学肥料の効果は短期間に発揮され、そして消滅していきます。


 そのため余分な養分(特に窒素)が土壌に残留せず、施肥設計(肥料の投入量の計画)が容易である特徴を持っています。


有機肥料


 一般的な有機肥料は畜産堆肥や規格外で出荷からはじかれた穀物など、農畜産業の副産物が利用されています。こういった有機物は複雑で高度な化学組成で構成されていますから、植物の養分として吸収されるまでの過程も複雑で、肥料を投入してから効果が発揮されるまで時間がかかり、またその効果が消滅するのにも時間がかかります。


 特に水田は有機質が蓄積しやすい土壌構造にあり、その年ごとに適切な有機肥料の量を判断するのが難しくなります。


 このように、有機肥料は化学肥料に比較して、適正な肥料投入量を判断するのが難しい特徴を持っています。


そして、もし投入された有機肥料が過大であったなら・・・


 作物に病害、害虫、倒伏といった被害をもたらすことがあります。特にササニシキは病害と倒伏に弱く、この点からもササニシキ稲作における有機肥料の利用は注意を要します。さらに、余剰な養分が地下浸透することで地下水の水質を悪化させるリスクが指摘されることもあります。


 どんなに健康食品にこだわっていても、食べ過ぎてしまえば成人病になってしまうのと同じように、例え有機肥料による稲作であっても、それの投入量が多すぎればいろいろ問題も出てくる、と言うことなのでしょう。


前のページトップページ次のページ

トピック

人と自然の仲立ち米(宮城県石巻市)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ササニシキ」(農薬と肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷開始しました。

H24.11.24

人と自然の仲立ち米(宮城県石巻市)

【放射能調査情報】

 遠藤水田の平成23年作の玄米、精米について放射能を調査しました。

H24.11.24

田でん虫むし田んぼのお米(宮城県石巻市)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ササニシキ」(農薬使わず10年以上、ササニシキ)新米出荷しております。

H24.11.24

いにしえのお米「イセヒカリ、天日干し」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「イセヒカリ」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年の水田で栽培、、天日干し)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

自然のリズムで育つ「ジャズ田力」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ジャズ田力米」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

天日干しの「おてんと米」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「おてんと米」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

おてんと米とジャズ田力(宮城県色麻町)

【新品種情報】

 少しだけ収穫できた、まぼろしのお米「イセヒカリ」、ちょっとだけ、おすそわけします。
>>もっと読む

H24.1.21

安全安心のために考える放射性物質Q&A

【放射能調査情報】

 一般の方々にも、わかりやすい放射能対策Q&Aを作成しました。
>>もっと読む

H24.1.15

田でん虫むし田んぼのお米(宮城県石巻市)

【放射能調査情報】

 放射性物質調査の結果、木村水田のある石巻市からの米出荷が可能となりました。
>>もっと読む

H23.9.25

おてんと米とジャズ田力(宮城県色麻町)

【放射能調査情報】

 放射性物質調査の結果、おてんと米、ジャズ田力の浦山水田のある色麻町からの米出荷が可能となりました。
>>もっと読む

H23.9.25

平成23年産新米を紹介するにあたり

【放射能調査情報】

 福島第一原発事故により、私たちササライスネットワークが所在する宮城県の水田土壌から放射性セシウムが検出されております。
>>もっと読む

H23.9.25

たくさんの支援物資のご協力、ありがとうございました。

【被災情報】

 私たちササライスネットワーク有志一同では支援物資の提供を呼びかけ、東日本大震災による被災地に支援物資を送り届けました。
>>もっと読む

(H23.7.2)