無肥料の稲作「生き物が与える自然の恵み」


 農薬を使わず、そして冬期~春期の農閑期にも水田を灌漑することで水田には多量のイトミミズが繁殖します。


このイトミミズが水田土壌に大きな変化をもたらすのです。

田面のイトミミズ

 灌漑期、水田土壌は水に浸かることで酸素欠乏状態になります。そしてそれがリンを水に融解させ、作物に吸収し易い状態に変化させます。


 しかし土壌が酸素欠乏状態であったとしても、灌漑水中には酸素が含まれており土壌表面には非常に薄い酸化層の膜(酸素を多く含んだ酸化鉄が主体)が形成されます。


 酸素欠乏の還元土壌で水に溶けたリンはこの酸化層で鉄と結合してしまい、水に溶けない状態に変化してしまいます。


 ところで、この土壌にイトミミズがいたとします。イトミミズが生息するためには酸素が必要です。しかしイトミミズの餌の大部分は酸素欠乏状態の還元層にありますから、その結果としてイトミミズは還元層と田面水の境界で生息することになります。そして、そこには薄い酸化層の膜があるのです。


 イトミミズはいつも体をユラユラ揺らしていますが、これは体の周りに新鮮な水が触れるようにするためで、それにより水分中の酸素を吸収しています。この体のユラユラが酸化層を破壊していきます。


 酸化層の膜が破壊されると、今度は還元土壌中で水に溶けていたリンが、田面水にも溶けだしてきます。


 リンは植物性プランクトンの重要な養分であり、これが田面水に移行すれば多種多様な植物性プランクトンが増殖します。そして、そのいくつかの種類は空気中から窒素を固定する機能を持ったものもあると期待されるわけです。


 事実、私達が稲作を行う水田の水の色は、明らかに通常の稲作のものに比べて濁りが濃く、これはある種のプランクトンが増殖していた証拠であると考えています。

各地の水田の水の色を比較

 こういったプランクトンのいくつかが空気中から窒素を取り込んでいるならば、その死骸が水田土壌に蓄積し、そして稲作の窒素養分となるだろうと期待するわけです。


 もっとも、こういった効果がどれほどのものであるかは、経年的に水田を観察し判断する必要があります。


前のページトップページ次のページ

トピック

人と自然の仲立ち米(宮城県石巻市)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ササニシキ」(農薬と肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷開始しました。

H24.11.24

人と自然の仲立ち米(宮城県石巻市)

【放射能調査情報】

 遠藤水田の平成23年作の玄米、精米について放射能を調査しました。

H24.11.24

田でん虫むし田んぼのお米(宮城県石巻市)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ササニシキ」(農薬使わず10年以上、ササニシキ)新米出荷しております。

H24.11.24

いにしえのお米「イセヒカリ、天日干し」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「イセヒカリ」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年の水田で栽培、、天日干し)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

自然のリズムで育つ「ジャズ田力」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「ジャズ田力米」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

天日干しの「おてんと米」(宮城県色麻町)

【新米出荷情報】

 平成24年産「おてんと米」(農薬使わず10年以上、肥料使わず9年、ササニシキ)新米出荷予約開始しました。

H24.9.2

おてんと米とジャズ田力(宮城県色麻町)

【新品種情報】

 少しだけ収穫できた、まぼろしのお米「イセヒカリ」、ちょっとだけ、おすそわけします。
>>もっと読む

H24.1.21

安全安心のために考える放射性物質Q&A

【放射能調査情報】

 一般の方々にも、わかりやすい放射能対策Q&Aを作成しました。
>>もっと読む

H24.1.15

田でん虫むし田んぼのお米(宮城県石巻市)

【放射能調査情報】

 放射性物質調査の結果、木村水田のある石巻市からの米出荷が可能となりました。
>>もっと読む

H23.9.25

おてんと米とジャズ田力(宮城県色麻町)

【放射能調査情報】

 放射性物質調査の結果、おてんと米、ジャズ田力の浦山水田のある色麻町からの米出荷が可能となりました。
>>もっと読む

H23.9.25

平成23年産新米を紹介するにあたり

【放射能調査情報】

 福島第一原発事故により、私たちササライスネットワークが所在する宮城県の水田土壌から放射性セシウムが検出されております。
>>もっと読む

H23.9.25

たくさんの支援物資のご協力、ありがとうございました。

【被災情報】

 私たちササライスネットワーク有志一同では支援物資の提供を呼びかけ、東日本大震災による被災地に支援物資を送り届けました。
>>もっと読む

(H23.7.2)